野口聡一さん 地球帰還に向け 宇宙船の最後のエンジンを噴射

国際宇宙ステーションにおよそ半年間、滞在していた日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人の飛行士は、日本時間の2日午後4時前に地球に帰還するため、搭乗している民間宇宙船の最後となるエンジンの噴射を行いました。

国際宇宙ステーションに去年11月から滞在していた日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人の飛行士は、およそ半年ぶりに地球に帰還するため、アメリカの民間宇宙船、「クルードラゴン」の1号機に乗り込んで国際宇宙ステーションを離れ、地球に戻るための最後となるエンジンの噴射を日本時間の2日午後3時すぎに行いました。

宇宙船は午後3時40分すぎに大気圏に突入し、午後3時57分ごろにアメリカ・フロリダ州の沖合のメキシコ湾に着水する予定です。

宇宙船は、打ち上げに使用したあと、宇宙ステーションにおよそ半年間とどまっていた1号機で、この帰還によって、民間としては世界で初めて運用段階に入った1号機のミッションが終わることになります。

野口さんの3回目となった今回のミッションでは、船外活動で新しい太陽電池パネルを取り付けるための作業を行ったほか、無重力でiPS細胞を培養したり植物を育てたりする実験などを行いました。

今回の帰還では、天候の影響で2回、日程が延期され、野口さんの宇宙滞在日数は通算で344日と、日本人で最も長い滞在記録をもつ若田光一さんの347日にあと3日に迫る記録になっています。