西~北日本で大気不安定 落雷や突風 激しい雨など十分注意を

上空の寒気の影響で、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。
2日夜にかけて、落雷や突風のほか、急な激しい雨など天気の急変に十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、前線を伴った低気圧や上空の寒気の影響で、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

1日も、広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に落雷や突風が発生したほか、「ひょう」が降ったところもありました。

大気の不安定な状態は、2日夜にかけて続く見通しで、局地的に積乱雲が発達し、雷や突風を伴って激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は、落雷や竜巻などの突風、急な激しい雨のほか、「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。

連休を利用して外出するかたもいると思います。

天気の急変に注意し、急に冷たい風が強く吹く、周囲が暗くなるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、屋外では頑丈な建物に移動する、室内ではカーテンを閉めて窓から離れるなど、対策をとるよう心がけてください。