聖火リレー 沖縄県 1日目終了 感染防止で公道でのリレー中止も

東京オリンピックの聖火リレーは、1日から沖縄県でスタートし、「まん延防止等重点措置」の適用を受けて沖縄本島では公道でのリレーが中止され、一般の観客を入れずに行われました。

東京オリンピックの聖火リレーは、1日から2日間、沖縄県で行われていて、およそ180人のランナーがつなぎます。

「まん延防止等重点措置」の適用を受けて、沖縄本島の1日目のリレーは、名護市民会館周辺のコースに集約され、午前10時ごろ、最初のランナーとして、那覇市出身のタレント、ゴリさんがスタートしました。

ゴリさんは「聖火が消えないように大事に運びました。全国の聖火をつなぐ途中の点の1つになれたのがうれしいです」と話していました。

名護市民会館周辺には一般の観客は入れず、観覧できるのは、ランナー1人につき家族など4人までに制限されました。
午後1時すぎからは、離島の石垣市で、公道でのリレーが行われ、ボクシングの元世界チャンピオン、具志堅用高さんが走りました。

具志堅さんは「世界チャンピオンになったときもうれしかったですが、これだけ感動したのは、それ以来です」と話していました。

沖縄県の1日目のリレーは、午後6時40分すぎに終わりました。

2日目の2日は、沖縄本島内のリレーは、糸満市の平和祈念公園内のコースに集約されます。

離島の座間味村では、沖縄伝統の木造船、サバニに乗り込んだランナーが、海の上で聖火をつなぎます。