神戸の中華街 南京町 6割が休業し連休初日の人通りまばら

兵庫県に緊急事態宣言が出される中、大型連休が始まりましたが、人気の観光地である神戸市の中華街、南京町は閉まっている店も多く、人通りはまばらでした。

大型連休初日の29日、ふだんは大勢の観光客でにぎわう神戸市の中華街、南京町は雨も降っていたこともあり、人通りはまばらで、お目当ての食品を買うと足早に帰る人たちの姿が目立ちました。

南京町商店街振興組合によりますと、今月25日に緊急事態宣言が出されて以降、飲食店などおよそ100店舗のうち、6割が休業しているということでシャッターを下ろした店が多く見られました。

神戸市内で働く49歳の男性は「南京町にこんなに人がいないのは初めてです。晩ごはんの食材だけ買ったら自宅に帰ります」と話していました。

南京町商店街振興組合の曹英生 理事長は「緊急事態宣言が出ているので人が少ないのはしかたがないですが、飲食店にとっては厳しいです。テイクアウトで食材を買ってもらって自宅で南京町の雰囲気を味わってほしいです」と話していました。