米バイデン大統領 施政方針演説「アメリカは再び動きだした」

アメリカのバイデン大統領は就任から100日になるのに合わせて今後の施政方針を示す初めての演説を行い、「アメリカは再び動きだした」と述べて、新型コロナウイルス対策や経済対策で成果が出ているとアピールしました。その一方で、外交政策については1国だけではさまざまな問題に対処できないとして国際協調を重視する姿勢を鮮明にしました。

バイデン大統領は28日、就任から100日になるのを前に今後の施政方針を示す初めての演説を議会上下両院の合同会議で行いました。

演説ではまず「今、100日がたちアメリカは再び動きだした。危険を可能性に、危機を機会に、挫折を力にする」と述べたうえで「われわれはすでに成果を目にしている」として政権による新型コロナウイルス対策で危機的だった状況が大きく改善しているとアピールしました。

また「中間層がこの国を築いた」と述べて労働者層を重視する姿勢を強調し、雇用の創出に向けた巨額のインフラ投資や子育て世帯などを支援する大規模な予算計画を示して実現への理解を求めました。

また外交・安全保障政策では「テロ、核拡散、移民問題、サイバーセキュリティー、気候変動、そしてパンデミックなど、現代のあらゆる危機に1国だけで対処することはできない」と述べて、同盟関係と国際協調を重視する姿勢を鮮明にしました。

そして、最も重大な競合国と位置づける中国については「習近平国家主席は真剣に中国を世界で最も重要で影響力のある国にしようとしている」と警戒感をあらわにしたうえで「アメリカの労働者や産業を弱体化させる不公正な貿易慣行に立ち向かう。私は習主席に、インド太平洋においても紛争を防ぐために強力な軍事的プレゼンスを維持することを伝えた」と述べ、経済や安全保障の分野で対抗していく考えを示しました。

北朝鮮については、「アメリカと世界の安全保障に深刻な脅威をもたらすイランと北朝鮮の核開発については、同盟国と緊密に連携し、外交と抑止力によって両国の脅威に対処する」と述べました。

そして、「21世紀の競争に勝つためにより完全な団結や繁栄、正義のために1つの国家としてアメリカとして力をあわせればできないことなどない」と述べ国民に結束を呼びかけました。

大統領の背後の議長席に2人の女性は初

バイデン大統領は、上院議長を兼務するハリス副大統領とペロシ下院議長の2人の女性が議長席に着く中、演説を行いました。

バイデン大統領は冒頭、女性への敬称である「マダム」ということばを使って「マダム・スピーカー、マダム・バイスプレジデント」と2人に呼びかけたあと、「このことばをこの演壇で言った大統領はこれまでいない。ようやくその時が来た」と述べました。

ペロシ議長は女性として初めて下院議長に、また、ハリス副大統領は女性として初めて副大統領に就任した人物です。

アメリカの大統領が議会上下両院の合同会議で、演壇の背後の議長席に2人の女性が着席する中、演説を行ったのは初めてのことです。

バイデン政権についてニューヨークでは

発足から100日となるバイデン政権について、ニューヨークでは、さまざまな意見や評価の声が聞かれました。

与党・民主党を支持する18歳の女性は「バイデン大統領は本当によい仕事をしている」と話し、新型コロナウイルス対策などを評価しました。

民主党を支持する34歳の男性は人種差別の問題について触れ「大統領が公正な社会や警察組織の問題に対して発するメッセージはどれも正しいと思う。行動してほしい」と話しました。

また、民主党を支持する別の51歳の男性は「地球温暖化対策の国際的な枠組みに復帰し、国際社会にアメリカの指導力を示したことはすばらしい」としてパリ協定への復帰を評価し、環境問題でのリーダーシップに期待を寄せていました。

一方、共和党を支持する66歳の男性は、不法にアメリカに入国する人が後を絶たないとしたうえで「バイデン大統領は仕事をしていないと思う。アメリカならばよい生活ができるという理由で不法に入国するのは間違っているし気分が悪い。この問題に対処しなければならない」と話していました。

そして、支持する政党はないという39歳の男性は「経済活動が制限されている今の生活にみな疲弊していると思う。元の生活に戻してほしい」と話し、新型コロナ対策で一層実行力を発揮するよう求めていました。

ロサンゼルス近郊では

西部ロサンゼルス近郊のサンタモニカを訪れた民主党支持の女性は「これまでのところよくやっていると思う。新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させてくれた」と話し、バイデン政権による現金給付などの経済対策についても高く評価していました。

そのうえで、アメリカ南部で中米から保護者を伴わずに国境を越えてくる子どもが急増している問題については「できるだけ早く解決してほしい」と話していました。

また民主党支持の男性は「経済の立て直しに、もっと力を尽くしてほしい。ロサンゼルスには多くのホームレスの人たちがいる」と話し、支援の拡充を求めていました。

一方、ロサンゼルス近郊に住む共和党支持の男性は「バイデン氏は自分の取り巻きに好き勝手にさせるばかりで、主導権を握っていない。大統領として失格だ」と批判しました。

この男性はバイデン大統領がワクチンの接種を呼びかけていることに対して「何かよくないことが隠されているに違いない。ワクチンなんて接種しない」と話していました。