関越道 高速バス事故から9年 遺族などが犠牲者を悼む

群馬県の関越自動車道で、乗客7人が死亡した高速ツアーバスの事故から29日で9年となり、現場近くには事故が発生した時刻にあわせて朝早くから遺族などが訪れ、犠牲者を悼みました。

平成24年4月29日の早朝、群馬県藤岡市の関越自動車道で、石川県から千葉県に向かっていた高速ツアーバスが道路脇の壁に衝突し、乗客7人が死亡、38人がけがをしました。

事故から9年となる29日、事故が起きた現場近くには遺族など15人が訪れました。

そして事故が発生した時刻の午前4時40分にあわせて献花台に花を手向け、手を合わせて犠牲者を悼みました。

事故で母親の直美さん(当時44)を亡くした山瀬俊貴さん(28)は6年前に群馬県で警察官となり、現在は白バイ隊員として交通違反の取締りや、交通安全などに取り組んでいます。

山瀬さんは「新しく家族が増えたのでこれだけ成長したよと伝えました。当初、現場は行くことがつらい場所でしたが、今は自分が警察官になった理由を思い出させてくれる原点になっていますし、遺族の方と会って、改めて勇気や力をもらえる場所になっています」と話していました。

娘を亡くした女性「生きていたらママになっていたかも」

事故で当時19歳だった娘を亡くし富山県高岡市から訪れたという女性は「元気でいますよと伝えました。娘が生きていたらママになっていたかもしれません。その姿を見られないのは悲しいし見たかったです」と話していました。