“路上で飲酒しないで” 渋谷区職員 夜の繁華街でパトロール

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出されるなか、東京 渋谷の繁華街では28日夜、区の職員がパトロールを行い、路上などで飲酒しないよう呼びかけました。

緊急事態宣言に伴い、都内では多くの飲食店が休業したり営業時間を短縮したりするなか、屋外で飲酒する「路上飲み」が相次ぎ、感染リスクや騒音、ごみの放置といった迷惑行為が問題になっています。

このため大型連休を前に28日夜、区の職員たちが渋谷駅周辺でパトロールを行いました。

午後8時を過ぎると、駅前の大型ビジョンや街灯は消えましたが、コンビニエンスストアの前などでは、複数で集まって飲酒する人たちもいて、職員たちは一人ひとりに声をかけ、飲酒をやめて帰宅を促すとともに、周囲に捨てられたペットボトルや空き缶などのごみを拾っていました。

パトロールを行った渋谷区危機管理対策部の齊藤和夫部長は、「直接、お願いすれば素直に従ってくれる人が多かった。路上で飲酒するとどうしても気が大きくなり、感染や迷惑行為につながるので引き続き協力を呼びかけていきたい」と話していました。