上海に日本企業運営のショッピングモール開業 ガンダムも展示

中国の上海で日本の不動産大手が運営するショッピングモールが28日オープンし、敷地内には中国でも人気のアニメ「機動戦士ガンダム」の巨大な像が展示されて、地元の関心を集めています。

上海で28日オープンしたこのショッピングモールは、日本の不動産大手「三井不動産」が運営を手がけ、店舗の面積は5万5000平方メートルあります。

日本のアパレルブランドや飲食店などが出店し、ことし秋までにおよそ180店舗が出そろう予定で、28日は開店と同時に大勢の買い物客が訪れました。

敷地内には中国でも人気のアニメ「機動戦士ガンダム」に登場する、高さ18メートルのガンダム像が設置され、訪れた人たちが次々に写真を撮るなど関心を集めていました。

またショッピングモール内には、子どもの遊具を備えた施設や体を動かしながらゲームを楽しむことができる施設なども設けられ、中国でネット通販が売り上げを伸ばす中で、体験型の店舗を売りに中間層の需要の取り込みを図っていくとしています。

三井不動産上海投資コンサルティングの蘇朔望副社長は「お客さんが楽しめるモールを作るノウハウを日本で蓄積してきたので、ほかの商業施設と差別化を図っていきたい。日本の食や文化などの魅力もぜひ伝えていきたい」と話していました。