大阪 21歳大学生殺害事件 頭に殴られたような傷

28日、大阪 大東市のマンションで女性が殺害された事件で、女性はこの部屋に住む21歳の大学生と確認されました。大学生の頭には殴られたような傷があり、警察は下の階の部屋で起きた火事で死亡した男性との関連を調べています。

部屋にバールのような鈍器 ベランダにはしご

28日午前7時ごろ、大東市谷川のマンションの3階の部屋で女性が血を流して倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたがその後、死亡しました。

警察によりますと、死亡したのはこの部屋に住む大学4年生の吉岡桃七さん(21)と確認されたということです。

また、警察官が現場に到着した同じ時間帯に1つ下の2階の部屋で火事が起きおよそ1時間半後に消し止められましたが、住人とみられる40代くらいの男性が死亡しました。

これまでの捜査関係者への取材で大学生の頭には固いもので殴られたような傷があり、部屋には血のついたバールのような鈍器が残されていたことが分かっていて、2階と3階の部屋のベランダにははしごがかけられていたということです。

警察は、大学生が殺害されたとみて捜査するとともに火事の現場で死亡した男性との関連を詳しく調べています。