立民 安住氏 五輪期間コロナ対策「責任押しつけ合いに見える」

東京オリンピック・パラリンピック期間中の新型コロナウイルス対策をめぐり、立憲民主党の安住国会対策委員長は、国と東京都が責任を押しつけ合っているように見えるとして批判しました。

東京オリンピック・パラリンピック期間中の感染対策をめぐり、丸川担当大臣は27日、東京都から大会期間中の医療提供体制が示されておらず、国としての支援を検討できないとして懸念を示し、これに対して小池知事は、記者団に対し「連携しながらやっていくことなので、コミュニケーションをしっかりとっていく必要がある」と述べました。

これについて、立憲民主党の安住国会対策委員長は28日、記者団に対し「非常に厳しい局面をどう打開できるのかというときに情けない話だが、担当大臣と都知事の間で責任のなすり合いや押しつけ合いをしているようにも見える」と批判しました。

そのうえで「感染者や医療体制を犠牲にしてオリンピックを優先するということはないと思うが、そうしたことがあっては断じてならない」と述べました。