参院広島選挙区の再選挙で当選 宮口治子議員が初登院

参議院広島選挙区の再選挙で当選した野党系の宮口治子議員が初登院しました。

宮口氏は「小さな声を届け、人のために役に立てる政治家として活動したい」と抱負を述べました。

宮口治子議員は与野党対決の構図となった参議院広島選挙区の再選挙で、野党側の支援を受けて戦い、自民党候補らを破って初当選しました。

参議院では立憲民主党などの会派に所属することになった宮口氏は28日、初登院し、先輩議員から議員バッジをつけてもらい、自分の名前のボタンを押して国会に入りました。

このあと会派の議員総会に出席し「多くの方々に支えられ当選させていただきました。まだまだ勉強不足だが、よろしくお願いします」とあいさつしました。

続いて参議院本会議に出席した宮口氏は、山東議長から紹介され同僚議員の拍手の中、立ち上がって頭を下げていました。

宮口氏は、記者団に「バッジをつけて、改めてしっかり頑張っていかなければならないと感じている。小さな声を届け、人のために役に立てる政治家として活動したい」と抱負を述べました。