中国海軍空母など東シナ海へ 早期警戒ヘリ 尖閣諸島上空に接近

今月、沖縄本島と宮古島の間の海域を南下して東シナ海から太平洋に出た中国海軍の空母などが、同じ海域を北上し、東シナ海に戻ったのが確認されました。海域を通過したあと空母から早期警戒ヘリコプターが飛び立ち、尖閣諸島の上空に接近したということで、防衛省は目的を分析するとともに警戒と監視を続けています。

防衛省によりますと、26日から27日にかけて中国海軍の空母「遼寧」がほかの5隻の艦艇とともに沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海に出たのを海上自衛隊の艦艇などが確認しました。

6隻は今月上旬、同じ海域を南下して太平洋に出たのが確認されています。

中国の空母がこの海域を往復したのが確認されたのはこれが2回目です。

また、海域を通過したあとの27日午前、空母から早期警戒ヘリコプターが飛び立ち、尖閣諸島の大正島の領空から北東に50キロから100キロほどの距離まで接近したため、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進したということです。

このヘリコプターによる領空侵犯はなく、6隻の領海への侵入もありませんでした。

今月上旬、6隻が太平洋に出たのが確認されたあと、中国海軍は、空母「遼寧」の部隊が台湾の周辺海域で訓練を実施したと発表しています。

防衛省は一連の活動の目的を分析するとともに、警戒と監視を続けています。