ワクチン接種 “早ければ7月中にも一般の人へ開始も” 厚労相

新型コロナウイルスのワクチン接種について、田村厚生労働大臣は、高齢者向けに続いて、早ければ7月中にも、基礎疾患のある人や一般の人への接種を始める地域が出てくるという認識を示しました。

新型コロナウイルスの高齢者向けのワクチン接種をめぐり、菅総理大臣は、7月末までを念頭に終えられるように取り組む考えを示しています。

田村厚生労働大臣は、閣議のあとの記者会見で「高齢者への接種が終わるところが出てくれば次の段階に入っていくので、7月中にも、基礎疾患のある人や一般の人への接種を始める地域も出てくることは当然想定しているし、可能性はある」と述べ、高齢者向けに続いて、早ければ7月中にも、基礎疾患のある人や一般の人への接種を始める地域が出てくるという認識を示しました。

また、接種の担い手が不足する地域では、研修を受けた歯科医師にも特例で接種を認めるとしたうえで「安心してワクチンを接種してもらえるような体制を各自治体は作ってほしい」と述べました。

一方、田村大臣は、インドで確認されている変異ウイルスについて「現時点では、感染性やワクチンの効果に関して、十分に確認されていない。引き続きゲノム解析をして、どのような影響があるか確認していきたい」と述べました。