韓国の原子力学会 処理水の海洋放出「韓国への影響はわずか」

政府が東京電力福島第一原発のトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたことをめぐり、韓国の原子力学会は韓国の国民への影響はわずかだとする見解を発表しました。

東京電力福島第一原発で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水について、政府は今月、国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めました。

これについて韓国の原子力学会は26日、見解を発表し、このなかで仮に現在、福島第一原発に貯蔵しているすべての量を1年間放出しても「韓国の国民の被ばく線量は無視できる水準だ。影響はわずかだ」と指摘しました。

学会では「韓国の大半のメディアは放射能の恐怖をあおる報道をしている。学会は過度な放射能への恐怖と水産物への不信感が解消されることを望む」としています。

また、学会は韓国政府に対し政治的、感情的な対応を自制し科学的な事実に基づいて問題を解決するよう求める一方、日本政府には韓国側に十分な情報と説明を提供しないまま一方的に放出を決めたとして遺憾の意を示しました。

韓国ではメディアや市民団体から懸念の声があがっていて、韓国政府は「国民の健康と安全などを最優先の原則とし、国際社会との協力のもと必要な措置をとっていく」としています。