大型フェリーの自動接岸 世界初の実証実験 茨城 大洗港で

自動で運航する大型船の実用化に向けて、全長190メートルの大型のフェリーを自動で接岸する機能を試す、世界で初めての実証実験が茨城県の港で行われました。

実証実験は、国土交通省から委託を受けた造船会社などが26日、茨城県の大洗港で行いました。

実験に使われたのは、全長190メートル、幅26.4メートル、総トン数が1万1410トンの大型のフェリーで、新たに開発された、最適な動きを自動で判断するシステムを搭載しています。

システムは、指示された航路で接岸するために、風の向きや強さ、波の向きや高さなどの情報を基に、毎秒1000回近くシミュレーションをしながら、最適な動きを判断するということです。

実験で自動運航に切り替えると、フェリーは速度を落としながら港の奥に進み、岸壁から10メートル離れた位置にゆっくりと停止し、自動で接岸できる機能を実証しました。

システムの開発を担当した三井E&S造船によりますと、大型船を使って自動で接岸する機能を試す実証実験は世界で初めてだということです。

平山明仁室長は「海上輸送の安全性、労働負荷の低減という目標を達成するために、さらに磨きをかけていきたい」と話していました。

遠隔や自動で運航する船は各国で開発が進められていて、国土交通省は技術開発で国際的に優位な分野を確立するため、2025年までの実用化を目指しています。