セメント工場で爆発 車が燃えたり ガラス割れる被害 埼玉 日高

26日夜、埼玉県日高市のセメント工場で自家発電用のボイラーが爆発し、工場の外に止まっていた車が燃えたり、ガラスが割れたりする被害が出ました。けがをした人はいなかったということで、警察は爆発の原因などを詳しく調べることにしています。

26日午後10時ごろ、埼玉県日高市にある「太平洋セメント 埼玉工場」で「爆発音がした」とか「近くで車が燃えている」と警察や消防に通報が相次ぎました。
警察によりますと、工場にある自家発電用のボイラーが爆発したということで、直後に隣接するパチンコ店の駐車場に止まっていた車1台と、近くの林が燃える火災が起きましたが、およそ1時間半後に消し止められました。

周辺にはコンクリートの破片のようなものが散乱し、車およそ20台のガラスが割れるなどの被害も出たということです。

けが人はいませんでした。

太平洋セメントの担当者によりますと、工場では石炭などを利用して自家発電を行っていたということで、警察は、爆発によって熱源が飛散し周辺で火災が起きたとみて、被害の状況や爆発の原因を詳しく調べることにしています。