自民 野田氏 投票日当日にツイッターで投票呼びかけ 陳謝

参議院広島選挙区の再選挙をめぐり、自民党の野田聖子 幹事長代行は、投票日当日の25日未明、みずからのツイッターで自民党候補への投票を呼びかけたことについて、秘書が誤って投稿したものだとして陳謝するコメントを発表しました。

25日投票が行われた参議院広島選挙区の再選挙をめぐり、自民党の野田聖子・幹事長代行は、投票日当日の未明、みずからのツイッターで自民党候補への投票を呼びかけるコメントを投稿しました。
投稿はその後、削除されましたが、公職選挙法では、選挙運動を行えるのは、インターネット上も含め、投票日前日までの選挙期間中に限られていて、投票日の午前0時以降は、ツイッターなどで候補者への投票を呼びかけることは禁じられています。
これについて野田氏は、26日午後、コメントを発表し「秘書が誤って日をまたいで未明に投稿し、それに気づいた別の秘書が早朝に削除していたことが分かった」と事実関係を説明しました。

そのうえで「多くの方々に誤解と心配をおかけし深く反省している。関係各位におわび申し上げるとともに、今後同様のことが起きぬよう、より一層注意していく」としています。