“撮り鉄”トラブルか 中学生突き飛ばされ大けが 男逃走 埼玉

25日、埼玉県内の駅のホームで列車の撮影に来ていた中学生が、男に突き飛ばされて頭の骨を折る大けがをしました。警察は電車などの撮影を趣味とする「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンの間で起きたトラブルとみて、逃げた男の行方を捜査しています。

警察によりますと、25日午後5時すぎ、埼玉県川口市のJR西川口駅のホームで、県内に住む男子中学生が男に突き飛ばされました。

男子中学生はホームに倒れ、頭の骨を折る大けがをしました。命に別状はないということです。

突き飛ばした男は、その後電車に乗って逃走したということです。

これまでの調べで、当時ホームには電車などの撮影を趣味とする「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンが集まっていました。

列車の撮影をめぐって男が別のファンとトラブルになり、その様子を男子中学生にスマートフォンで撮影されたことに腹を立てて、突き飛ばしたとみられるということです。

男は年齢が10代から20代くらい、身長は1メートル70センチくらいで、黒色の短髪で上下黒っぽい服装だったということです。

警察は付近の防犯カメラを調べるなどして、傷害事件として行方を捜査しています。