インドネシア海軍の潜水艦沈没 53人全員死亡か 軍が見解示す

53人が乗ったインドネシア海軍の潜水艦が沈没した事故で、インドネシア軍は25日、乗組員全員が死亡したという見解を示し、今後、潜水艦の残骸を引き上げて、事故の原因を調べることにしています。

今月21日、司令官と兵士合わせて53人が乗ったインドネシア海軍所属の潜水艦「KRIナンガラ402」が、バリ島の北およそ37キロの海域で消息を絶ちました。

軍は25日、記者会見を開き、シンガポール海軍の救難艦が水中探査機で調べた結果、水深およそ840メートルの地点で、船体が3つに割れているのが確認されたと明らかにしました。

また、船体後部の「かじ」やいかり、乗組員の脱出用スーツも新たに発見されたとしたうえで「証拠に基づき、潜水艦は沈没し、乗組員全員が死亡したと言える」と述べました。

軍の幹部は事故の原因について「人為的なミスではない。正しい手順で潜水していた」と指摘しました。

軍は遺体の捜索を続けるとともに、今後、潜水艦の残骸を引き上げて事故の原因を調べることにしています。