台風2号 温帯低気圧に 小笠原諸島 引き続き高波と強風に注意を

台風2号は25日午前9時に日本の南の海上で温帯低気圧に変わりました。
気象庁は小笠原諸島では引き続き、高波と強風に注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風2号は25日午前9時に、温帯低気圧に変わり、低気圧は、日本の南を東へ進み、26日明け方にかけて小笠原近海に達する見込みです。

このため、小笠原諸島では26日にかけてうねりを伴ってしけが続き、低気圧の進路によっては25日夜のはじめごろから26日夕方にかけて警報級の高波となる可能性があります。

小笠原諸島で、25日から26日にかけて予想される波の高さは、5メートルと、うねりを伴ってしける見込みです。

また風が強まり、25日から26日にかけて予想される
▽最大風速は18メートル、
▽最大瞬間風速は30メートルと予想されています。

気象庁は、高波に注意・警戒するとともに、強風にも注意するよう呼びかけています。

また、東日本から西日本にかけての太平洋側でも局地的には、うねりを伴った高波のおそれがあり注意してください。