鹿児島 桜島 爆発的な噴火 大きな噴石や火砕流に警戒を 気象庁

25日午前1時すぎ、鹿児島市の桜島の南岳山頂火口で爆発的な噴火が起き、火砕流が火口からおよそ1.8キロ流れ下ったのが確認されました。気象庁は、火口周辺警報を改めて発表し、噴火警戒レベル3を維持したうえで居住地域の近くにあたる火口からおおむね2.4キロの範囲で大きな噴石や火砕流への警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、25日午前1時9分ごろ、鹿児島市にある桜島の南岳山頂火口で爆発的な噴火が起き、噴煙が火口から2300メートルの高さまで上がったほか、火砕流が南西方向におよそ1.8キロ流れ下ったのが確認されました。

桜島では、火口から2.5キロ余り離れたところに集落が点在していますが警察や消防などによりますと午前5時現在、被害の情報は入っていないということです。

この噴火で気象庁は、午前2時前に噴火速報を出したあと、午前2時40分に改めて火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベル3を維持したうえで警戒が必要な範囲をこれまでの「火口からおよそ2キロ」から「火口から2キロを超えた居住地域の近くまで」に拡大しました。

火口からおおむね2.4キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

桜島では、火口から2.5キロ余り離れたところに集落が点在しています。

気象庁によりますと、桜島で火砕流が発生したのは、3年前(2018)の6月以来で、このときはおよそ1.3キロ流れ下りました。

今回の火砕流は、少なくともこの10年では火口から最も遠くまで到達したということです。

鹿児島地方気象台は25日現地に職員を派遣して調査をすることにしています。

鹿児島市によりますと、桜島では火口から最も近い3キロほどの地域におよそ90人、火口から4キロほどの地域におよそ500人が暮らしています

警戒レベル「3」維持 警戒範囲を拡大

気象庁は午前2時前に噴火速報を発表したあと午前2時40分に火口周辺警報を改めて発表して噴火警戒レベル「3」を維持したうえで、警戒が必要な範囲をこれまでの「火口からおよそ2キロ」から「火口から2キロを超えた居住地域の近くまで」に拡大しました。

桜島で噴火活動がさらに活発化するおそれがあるとして大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

桜島の居住地域は、火口から最も近いところでおよそ3キロのところにあります。

火砕流で警戒区域を拡大

気象庁が公表している桜島での噴火警戒レベルの判定基準では、大きな噴石が火口から2キロから2.4キロまで飛ぶような、爆発的な噴火が起きた場合や、火砕流が火口から1.5キロを超えて3キロほど離れた居住地域への接近が予想される場合、噴火警戒レベル3を維持したままで、警戒が必要な範囲を2キロを超えた居住地域の近くまで拡大するとしています。

今回は、火砕流が1.5キロを超え、1.8キロまで流れ下ったのが確認されたことから、噴火速報を発表したうえで警戒範囲を拡大したとしています。

噴火速報は2016年以来

桜島に噴火速報が出されたのは5年前の2016年(平成28年)2月5日以来です。

このときは、昭和火口で爆発的噴火が発生し、弾道を描いて飛散する大きな噴石が3合目まで達し、噴火警戒レベルは、レベル2からレベル3へと引き上げられました。

最近の噴火活動は

桜島では過去に、山頂付近にある2つの火口で噴火が発生しています。

南岳にある南岳山頂火口は、昭和30年代から60年代ごろにかけて活発な噴火活動が続き、噴石がふもとの住宅地まで飛んで建物や車が壊れるなどの被害が相次ぎました。

1986年(昭和61年)11月には火口からおよそ3キロ離れた、現在の鹿児島市古里町にあったホテルの建物に直径およそ2メートル、重さおよそ5トンの噴石が落下しました。

噴石はコンクリートの屋上や床を突き破って建物の地下に達し、宿泊客と従業員合わせて6人が建物の破片などでけがをしました。

去年6月4日の爆発的な噴火では、大きな噴石が火口から南西におよそ3キロ離れた東桜島町の集落近くまで飛び、避難を呼びかける噴火警戒レベル5の水準を超えましたが、気象庁は、直後の観測では確認できず、噴火警戒レベルは3のままでした。

気象庁はその後、新たにカメラを設置し、観測体制を強化していました。

昭和火口

一方、南岳の東側斜面の8合目付近にある昭和火口では、平成18年にごく小規模な噴火活動が始まりました。

平成25年8月18日の噴火では噴煙の高さが火口から5000メートルに達しました。

2015年に噴火警戒レベル4に引き上げ

桜島では2015年(平成27年)8月に火山性地震が1日に1000回を超えたほか山の膨張を示す急激な地盤変動が観測されたため、気象庁は噴火警戒レベルを避難準備を示す4に引き上げました。

地下の浅い場所までマグマが上がってきたと考えられていますが、規模の大きな噴火は発生せず、およそ2週間後に噴火警戒レベルは3に引き下げられました。

一方、GPSなどの観測では、鹿児島湾奥部の「姶良カルデラ」の地下深くへのマグマの供給を示す変化が継続していると考えられるため、気象庁は警戒を呼びかけていました。