台風2号 沖縄・奄美 高波に警戒を 小笠原はあす以降高波に注意

台風2号は日本の南の海上を東よりに進んでいて、沖縄・奄美では24日夜遅くにかけて高波に警戒が必要です。25日から26日にかけて小笠原諸島に近づくおそれがあり、気象庁は、小笠原諸島では高波と強風に十分注意するよう呼びかけています。

台風2号は日本の南の海上を東よりに進んでいて、暴風域はありませんが、沖縄・奄美では波の高い状態が続き、大しけになっているところもあります。沖縄・奄美では24日夜遅くにかけて大しけが続くおそれがあり、警戒が必要です。

台風はこのあとも東寄りに進み、26日にかけて温帯低気圧に変わる見込みです。

小笠原諸島には25日から26日にかけて近づく見込みで、25日に予想される最大風速は18メートル、最大瞬間風速は30メートルです。

波も高く、25日は5メートルとうねりを伴ってしける見込みで、気象庁は、小笠原諸島では高波と強風に十分注意するよう呼びかけています。

台風から離れている東日本から西日本にかけての太平洋側でも局地的にはうねりを伴った高波のおそれがあり注意してください。