米バイデン大統領 6月に英とベルギーへ 就任後初の外国訪問

アメリカ政府はバイデン大統領がことし6月、G7サミット=主要7か国首脳会議などに出席するため、イギリスとベルギーを訪れると発表しました。就任後初めての外国訪問となり、前政権のもとでぎくしゃくしたヨーロッパの同盟国との関係の強化に努める方針です。

ホワイトハウスのサキ報道官は23日、バイデン大統領が6月にイギリスとベルギーを訪れると発表しました。バイデン大統領は新型コロナウイルスの感染拡大を考慮してこれまで外国訪問はしておらず、今回がことし1月の就任後初めてです。

このうちイギリスでは、南西部のコーンウォールで6月11日から13日にかけて開かれる、G7サミット=主要7か国首脳会議に出席し、新型コロナウイルス対策や気候変動対策などについて各国との連携を確認する方針です。また、イギリスのジョンソン首相など各国首脳との個別の会談も行う予定だということです。

続いて訪れるベルギーでは、首都ブリュッセルで14日に開かれるNATO=北大西洋条約機構の首脳会議に出席するほか、EU=ヨーロッパ連合との首脳会談も行うということです。

今回の訪問についてサキ報道官は会見で「バイデン大統領が同盟国との関係の修復やヨーロッパ各国との関係の強化に努めることを示すものになる」と述べ、トランプ前政権のもとでぎくしゃくしたヨーロッパの同盟国などとの関係の強化に努める方針を強調しました。