建設中の病棟で仮設の床が崩落 男性作業員死亡 東京 墨田区

23日午後、東京 墨田区の病院の敷地内で新しい病棟の建設中に仮設の床が崩れ落ち、48歳の男性作業員が巻き込まれて死亡しました。

23日午後2時すぎ東京 墨田区横網の同愛記念病院の敷地内にある建設中の新しい病棟で、6階部分の仮設の床が突然崩れ落ちました。

この事故で6階部分で作業をしていた川崎市中原区の庄司慎一さん(48)が巻き込まれ、消防隊員に救出されて病院に運ばれましたが頭などを強く打っていてまもなく死亡しました。

警視庁によりますと、庄司さんはほかの作業員6人とともに設計図を見ながら壁などに印をつける作業をしていて、床が崩落した際に5階部分に落ちて鉄筋などの下敷きになったということです。

警視庁は、安全管理に問題がなかったか工事関係者から話を聞くとともに、当時の状況を詳しく調べています。