「電動キックボード」安全性確認へ実証実験開始 東京 渋谷区

手軽な移動手段として利用が広がっている「電動キックボード」の安全性を確認するためヘルメットを着用せずに走行できる全国で初めての実証実験が23日から都内で始まりました。

「電動キックボード」は、車輪が付いたボードの上に人が立ちモーターで走る乗り物で、現在、「原付きバイク」とみなされ、原則、車道しか通行できず、運転免許証の携帯などが必要です。

これまで全国各地では安全性や利便性について検証するため通常は通行できない自転車専用レーンなどでの走行実験などが行われています。
23日、渋谷区の都道ではヘルメットを着用せずに走行できる全国で初めての実証実験が始まりました。

「電動キックボード」はヘルメットの着用が義務づけられていますが、今回の実験では、国の認定を受けた業者が貸し出す車両に限定し、速度を時速15キロに制限したり、走行範囲を交通量が多い道路を除いた渋谷区など一部の地域に限ったりしてヘルメットを着用せずに走行できるということです。

実証実験を始めた「電動キックボード」のシェアリングサービスを行う東京の「Luup」では今後、走行記録や利用者の意見などをもとに安全性や利便性について検討するということです。
「Luup」の岡井大輝社長は「今回の実証実験で安全性の検証が大きく進むと考えています。多くの人に見て、乗っていただいて、賛否両論の意見をいただけたらと思います」と話しています。

こうした実証実験は別の事業者も計画していて福岡市などでも行われる予定です。