新型コロナワクチン 歯科医師が接種 特例で認める方針 厚労省

新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は接種に必要な看護師などが確保できない地域にかぎり、歯科医師が接種を行うことを特例で認める方針を決めました。

これは、23日に開かれた厚生労働省の検討会で決まりました。

ワクチンの接種は医療行為にあたるため、医師や医師の指示を受けた看護師などが行うよう法律で定められていますが、接種の対象者が多い都市部を中心に担い手の確保が難しいという声が出ています。

このため厚生労働省は、新たに歯科医師が、一定の条件のもとで接種することを特例で認めるよう検討会に提案し了承されました。

具体的には接種に必要な看護師などを確保できない地域が対象で、接種を受ける人の同意を得ることを条件に、医師がいる集団接種の会場に限って認めます。

また、新型コロナウイルスのワクチンの接種は、筋肉注射で行われることから、筋肉注射の経験があるか、研修を受けた歯科医師に限るということです。

厚生労働省は「歯科医師は手術の前に筋肉注射で鎮痛剤を投与することもあり、養成課程で基本的な知識も学んでいる。不慣れな人には十分な研修を実施していきたい」としています。