豪の「一帯一路」めぐる協定破棄 中国が対抗措置を示唆

中国の巨大経済圏構想「一帯一路」をめぐり、オーストラリアが、国益に反するとして、国内の州政府と中国側が結んでいた協定の破棄を発表したことに対し、中国外務省は今後の状況しだいでは対抗措置をとる可能性を示唆しました。

オーストラリア政府は21日、南東部ビクトリア州の政府が中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への協力のため、中国政府と結んだ2つの協定について、国益に反する協定を国が破棄できるという法律を適用し、破棄すると発表しました。

これについて中国外務省の汪文斌報道官は22日の記者会見で「オーストラリアは冷戦思考とイデオロギーの偏見を捨て、客観的かつ理性的に両国の協力を見るべきだ。中国は強い不満を示すとともに、断固として反対し、すでにオーストラリア側に厳正な申し入れを行った」と述べました。

そのうえで「オーストラリアは誤った決定を直ちに撤回し、両国の正常な協力や交流に理由もなく制限を設けることをやめるよう求める。さもないと、中国側は断固として力強い対応をとるだろう」と述べ、今後の状況しだいでは対抗措置をとる可能性を示唆しました。

両国の関係は、新型コロナウイルスの発生源の調査をめぐる対立をきっかけに急速に冷え込んでいます。