乗用車の車内に親子4人の遺体 無理心中か 横浜

22日未明、横浜市にあるコンビニエンスストアの駐車場にとめられていた車の中で、2歳と7歳の子どもを含む親子4人が死亡しているのが見つかりました。車は施錠されていて、警察は、現場の状況などから無理心中の可能性があるとみて調べています。

22日午前1時ごろ、横浜市青葉区恩田町にあるコンビニエンスストアの駐車場にとめられていた乗用車の中で、子どもを含む4人が死亡しているのを警察官が見つけました。

警察によりますと、4人は近くに住む、土志田信弘さん(40)と、妻の美穂子さん(37)、長男で小学2年生の理伎くん(7)、それに次男の皓至くん(2)で、21日夜遅く親族から「家に車がなく家族もいない」という通報があったため、警察官が捜索していたということです。

調べによりますと、複数の親族が「父親は精神的に不安定な様子だった」と説明しているほか、21日に父親が知人に自殺をほのめかすようなメッセージを送っていたということです。

乗用車には鍵がかけられていて、警察は現場や遺体の状況などから無理心中の可能性があるとみて調べています。

近隣住民「信じられない」

近くに住む80代の女性は「お母さんはことばが丁寧な優しい人で、お父さんもとてもいい人でした。男の子2人は木の棒で遊んでいるのを見かけたり、とてもわんぱくで、家族にかわいがられていました。悩んでいるような様子も感じられなかったので信じられません」と話していました。