オーストラリア 州政府と中国の「一帯一路」協力協定破棄発表

オーストラリアは、国内の州政府が中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に協力するため中国側と結んでいた協定について、国益に反するとして破棄すると発表しました。両国は新型コロナウイルスの対応をめぐり関係が冷え込んでいて、中国側は強く反発しています。

オーストラリアのペイン外相は21日夜、南東部ビクトリア州の政府が中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への協力のために2018年と2019年に中国政府と結んだ2つの協定を破棄するという声明を出しました。

オーストラリアでは、去年、国内の州や地方自治体が外国政府とすでに結んでいる協定などを国が審査し、国益に反すると判断した場合は破棄できる法律が成立していて、今回はこの法律を適用したとしています。

破棄の理由についてペイン外相は「オーストラリアの外交政策と一致しないか、外交関係に悪影響を及ぼすと判断した」と説明しています。

オーストラリアと中国は新型コロナウイルスの対応をめぐって関係が冷え込んでいて、首都キャンベラにある中国大使館は今回の発表に対し「オーストラリアによる中国への不当で挑発的な動きだ。両国関係をさらに傷つける」とするコメントを出し強く反発しています。

オーストラリアはこのほか、ビクトリア州政府が、シリアとイランとそれぞれ結んでいた、科学や教育に関する協定についても、この法律に基づいて破棄するとしています。