安定的な皇位継承の確保など課題議論 政府有識者会議

安定的な皇位継承の確保などの課題を議論する政府の有識者会議は、21日、2回目となるヒアリングを行い、歴史などの専門家4人から意見を聴きました。

このうち、京都産業大学の所功名誉教授は「現在の皇位継承は、男系男子に限定されているが、男系男子を優先するにせよ、男系女子を認めておく必要もあろうと思う」と述べました。

また、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」について「宮家を続けるために、おひとかたは皇族として残られるという方法も必要だ」と述べました。

一方、日本大学の古川隆久教授は「女系、女性天皇は憲法上問題ない。何千年の伝統などというのは、ちょっと筋が違うのではないか」と述べました。

また「『女性宮家』の創設だけでは、ちょっと中途半端だ。女系、女性天皇を認める形が、いちばんシンプルで、わかりやすい」と述べました。

有識者会議は、次回、5月10日に開かれ、法律の専門家などからヒアリングを行うことにしています。