年齢によるワクチン効果の違い 高齢者対象に研究 京大グループ

新型コロナウイルスのワクチンについて、年齢によって効果や持続性に、どの程度の違いが出るのかを確かめるため、京都大学のグループがワクチンの接種を受けるおよそ200人を対象に、接種後の免疫細胞の変化などを調べることになりました。

調査を行うのは、免疫学が専門で京都大学iPS細胞研究所の濱崎洋子教授と、医学部附属病院でつくるグループです。

グループによりますと、計画では附属病院の医療従事者と一般公募する65歳以上の高齢者、それぞれおよそ100人に協力してもらい、ワクチンを接種する前と後の1年間で血液を6回採取するということです。

そして、ウイルスの働きを抑える抗体の値や免疫細胞の変化などを分析し、年齢などによるワクチンの効果やその持続性の違いを調べることにしています。

濱崎教授は「ウイルスを攻撃する免疫細胞は、加齢で少なくなったり機能が低化したりすることが知られている。特に高齢者に対する効果の持続性を解明できれば、今後、リスクが高い高齢者にどのような頻度で接種すればいいのか、検討するのに役に立つ」と話しています。