トリチウム ゆるキャラのように描き批判相次ぐ 平沢復興相陳謝

処理水の安全性をアピールする動画とチラシで、トリチウムをいわゆる「ゆるキャラ」のように描いたデザインに批判が相次いだことを受けて、平沢復興大臣は「心からおわび申し上げる」と陳謝し、デザインを修正したうえで公開する考えを改めて示しました。

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む処理水を、国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針が決まったのを受けて、復興庁は今月13日に処理水の安全性をアピールする動画とチラシを公開しました。

しかし、トリチウムをいわゆる「ゆるキャラ」のように描いたデザインに批判が相次ぎ、翌日に公開を取りやめました。

平沢復興大臣は閣議のあとの記者会見で「被災された福島の方々からすると『なんだ』というお気持ちになられるのではないか。被災地の方々に寄り添った形で作るべきだったが、そこをちょっと怠ったのが大きな反省点だ。福島県知事からも『これは逆効果だ』と指摘をいただき、謙虚に反省する」と述べました。

そして「不快に思われる形になったことについて、申し訳なく、心からおわび申し上げる」と陳謝し、デザインを修正したうえで公開する考えを改めて示しました。