サイバー攻撃 大手電機メーカーや大学も 中国人民解放軍指示か

JAXA=宇宙航空研究開発機構がサイバー攻撃を受け中国人民解放軍の指示を受けたとみられるハッカー集団の関与が疑われている問題で、三菱電機や日立製作所、複数の大学も攻撃を受けていたことが関係者への取材で分かりました。警視庁は日本に滞在歴がある中国共産党員の男がJAXAへのサイバー攻撃に使われたレンタルサーバーを偽名で契約したとして、書類送検する方針です。

警視庁によりますと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が2016年にサイバー攻撃を受けその際に日本国内のレンタルサーバーが使われ、日本に滞在歴があるシステムエンジニアで中国共産党員の30代の男が偽名で契約していたことが分かりました。

捜査関係者によりますとサーバーを使うためのIDなどはオンラインサイトを通じて「Tick(ティック)」とよばれる中国のハッカー集団に渡り中国人民解放軍の指示で攻撃が行われたとみられています。

サイバー攻撃は日本のおよそ200の組織が対象になったとみられていますが大手電機メーカーの三菱電機や日立製作所、それに慶応大学や一橋大学など高度な研究を行っている複数の大学が含まれていたことが関係者への取材で分かりました。

警視庁は30代の中国共産党員の男を私電磁的記録不正作出・供用の疑いで20日にも書類送検する方針で中国が軍の組織的な指示で日本の機密情報をねらっている実態があるとして情報収集を進めています。