山梨県知事 五輪中止に言及「健康に深刻な影響ならば」

山梨県の長崎知事は19日、新型コロナウイルスの検査体制の拡充などを発表する記者会見の中で、東京オリンピック・パラリンピックの開催について「国民や県民の健康に極めて大きな深刻な影響を及ぼすような感染状況であれば、オリンピックをやっているどころではない」と発言しました。

感染力が強いとされる変異ウイルスの感染者が各地で広がる中、山梨県の長崎知事は、変異ウイルスを早期に発見し感染の連鎖を防ぐための検査体制の拡充などについて発表する記者会見を開きました。

この中で、東京オリンピック・パラリンピックの開催についての見解を問われたところ「いちばん重要なのは国民や県民の生命や健康で、オリンピックのほうが県民の命より大切ということはありえない。国民や県民の健康に極めて大きな深刻な影響を及ぼすような感染状況であれば、オリンピックをやっているどころではない」と述べました。

そのうえで「感染対策をみんなで頑張っているところなので、成果を挙げて安心してオリンピックができるようになることを願っている」とも述べました。