自衛隊とニュージーランド軍 共同訓練に向け調整で合意 防衛相

岸防衛大臣は、ニュージーランドのヘナレ国防大臣とテレビ会議形式で会談し、自由で開かれた海洋秩序の重要性を発信していくことで一致するとともに、今後、自衛隊とニュージーランド軍で初めてとなる共同訓練の実施に向けて調整を進めることで合意しました。

会談はテレビ会議形式でおよそ30分間行われ、岸防衛大臣は、中国が海警局に武器の使用を認めた「海警法」に深刻な懸念を示しました。

そのうえで、ヘナレ国防大臣と法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序の重要性を国際社会に発信していくことで一致しました。

また、北朝鮮情勢をめぐって、岸大臣は洋上で物資を積み替える、いわゆる「瀬取り」対策で、ニュージーランドが哨戒機を派遣していることに謝意を伝えました。

そして両大臣は、両国の間での防衛協力が着実に深化しているとして、今後、自衛隊とニュージーランド軍で初めてとなる共同訓練の実施に向けて調整を進めることで合意しました。