サッカー 欧州強豪クラブが新リーグ戦創設で合意 FIFAなど反対

ヨーロッパのサッカーの12の強豪クラブが「スーパーリーグ」という複数の国をまたぐ新たなリーグ戦を創設することで合意したことを発表しました。

一方で、FIFA=国際サッカー連盟やUEFA=ヨーロッパサッカー連盟はこの構想に反対する声明を発表し、対立が深まっています。

サッカースペイン1部リーグのレアルマドリードや、イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドなど、スペインとイギリス、それにイタリアのリーグに所属する12の強豪クラブは18日、ヨーロッパの複数の国をまたいで開催を計画する「スーパーリーグ」という新たな構想に合意したことを発表しました。

構想では、合意した12のクラブに加えて、今後さらに3つのクラブが創設メンバーに加わるほか、毎年5つのクラブが予選を通じて大会に参加し、合わせて20のクラブが競うといことです。

質の高い試合を通じて新たな財源を作ることで、新型コロナウイルスの感染拡大で経済環境が悪化するヨーロッパのサッカー界に対し大きな利益を還元できるとしています。

また12のクラブは、現在所属する国内リーグは脱退せず、スーパーリーグの試合は平日に行うとしています。

一方でFIFAは「公平な資金再配分という基本原則に反する。ヨーロッパの閉鎖的な離脱リーグだ」と批判するコメントを表明しています。

さらにUEFAも「少数のクラブの私利私欲に基づいたプロジェクトだ」と厳しく批判したうえで、各国のサッカー連盟や協会、それにリーグと連携して、スーパーリーグに参加したチームについて、各リーグなどへの出場を認めないという声明を発表しました。

合意したのはイギリス スペイン イタリアの12クラブ

「スーパーリーグ」の創設に合意した12の強豪クラブです。

イングランドプレミアリーグでは最も多い6つのクラブが名を連ねました。

「アーセナル」、「チェルシー」、「リバプール」、「マンチェスターシティ」、「マンチェスターユナイテッド」、「トットナム」です。

またスペイン1部リーグからは「アトレチコマドリード」、「バルセロナ」、「レアルマドリード」の3つのクラブ。

イタリア1部リーグからは「ミラン」、「インテルミラノ」、「ユベントス」の3つのクラブがそれぞれ加わりました。

英 ジョンソン首相「サッカー界に大きなダメージ与えるもの」

イギリスのジョンソン首相は18日、ツイッターに反対するコメントを投稿しました。

12のクラブのうち半数の6つをイングランドプレミアリーグのクラブが占めていますが、ジョンソン首相は「スーパーリーグの計画はサッカー界に大きなダメージを与えるものだ」と批判したうえで「競技団体側が対策を講じることを支持する」としました。

さらに「各国の国内リーグの根幹に打撃を与え、ファンを不安に陥れる。関係するクラブは構想をこれ以上進める前に、ファンやサッカー界に向き合うべきだ」と求めました。

「スーパーリーグ」概要

12のクラブは「スーパーリーグ」をいつから始めるかについて具体的な時期を示していませんが「できるだけ早く」としていて、男子リーグの開幕後、可能なかぎり迅速に女子リーグも設立するとしています。

また、発表された概要ではスーパーリーグは、毎年8月に開幕するとしていて、参加する20のチームを2つのグループに分けてホームとアウェーで総当たりの試合を繰り返すことになっています。

その結果、それぞれのグループの上位3チームがトーナメントの準々決勝へ出場し、それぞれの4位と5位のチームは準々決勝進出をかけたプレーオフに回ります。

そして、決勝は5月末に行われるということです。

12のクラブは「今後も新リーグとサッカー界全体に最良の結果をもたらすために、FIFA=国際サッカー連盟やUEFA=、ヨーロッパサッカー連盟と話し合いを続け、協力を取り付けたい」としています。