3月の輸出額 前年同月比16.1%増 貿易収支は2か月連続黒字

先月 3月の日本の輸出額は、欧米向けの自動車などの輸出が増えたことから去年の同じ月を16.1%上回り、2か月ぶりの増加となりました。

財務省が19日公表した貿易統計によりますと、先月の日本の輸出額は7兆3781億円で去年の同じ月を16.1%上回り、2か月ぶりの増加となりました。

これは、自動車や建設用機械を中心にアメリカ向けの輸出が去年の同じ月を4.9%上回り、5か月ぶりに増加したことやEU=ヨーロッパ連合向けでは自動車の部品などが伸びて12.8%増え、1年8か月ぶりに増加に転じたためです。

また中国向けの輸出もプラスチックや銅などの非鉄金属が好調で37.2%増え、輸出額は過去最大でした。

一方、日本の輸入額は、欧米からの医薬品や中国からのパソコンなどが増えて6兆7144億円と去年の同じ月を5.7%上回りました。

この結果、輸出から輸入を差し引いた先月の貿易収支は6637億円の黒字で2か月連続の貿易黒字でした。

また、昨年度1年間の貿易収支も発表され、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う貿易の落ち込みの影響で、輸出額は前の年度と比べて8.4%、輸入額は11.6%それぞれ減少しリーマンショックの影響を受けた2009年度以来の落ち込みとなりました。