サッカーJ1 第10節 4試合の結果 2位名古屋が今季初黒星

サッカーJ1は第10節の4試合が行われ、首位の川崎フロンターレは引き分け、2位の名古屋グランパスが今シーズン初黒星を喫しました。

フロンターレは前半、家長昭博選手のゴールで先制しましたが、後半に追いつかれて1対1で引き分け、連勝が5で止まりました。

グランパスはサガン鳥栖と対戦し、第1節以来、10試合ぶりに失点して1対2で敗れ、今シーズン初黒星です。更新中だった連続無失点のJ1記録は途切れてフロンターレとの勝ち点の差が6に開きました。

セレッソ大阪対浦和レッズは、セレッソが1対0で勝ち、4試合ぶりの白星です。レッズは連勝が3で止まりました。

ガンバ大阪対清水エスパルスは、0対0で引き分けました。