プロ野球 パ・リーグ ソフトバンク首位 セ・リーグ DeNA 8連敗

プロ野球は1試合が雨で中止となり、5試合が行われました。

楽天は、8年ぶりに日本球界に復帰した田中将大投手が今シーズン初登板しましたが、5回3失点で負け投手になりました。

パ・リーグ

〈西武 対 ソフトバンク〉
ソフトバンクが7対1で勝ちました。

ソフトバンクは2回、松田選手のタイムリーで先制し、3回にはグラシアル選手の3号ツーラン、4回にも松田選手の2号ツーランでリードを広げました。
先発した高橋礼投手は、6回1失点で今シーズン初勝利。
9回は、大リーグのドラフト会議で1巡目の指名を受けたスチュワート投手がプロ3年目で初登板し、無失点におさえました。
ソフトバンクは首位に浮上です。

西武は先発の浜屋投手が4回5失点と打たれ打線もヒット4本と低調でした。

〈オリックス 対 ロッテ〉
ロッテが7対2で勝ちました。

ロッテは4回、藤岡選手のタイムリー内野安打で先制。
6回に1点を加えたあと、終盤には岡選手の1号ソロなどでリードを広げました。
先発の美馬投手は、7回途中2失点で2勝目です。
ロッテは、2つの引き分けを挟んで3連勝とし、今シーズン初めて、勝率を5割としました。

オリックスは、引き分け1つを挟んで3連敗です。

〈日本ハム 対 楽天〉
日本ハムが4対1で勝ちました。

日本ハムは1回、中田選手の1号ツーランで先制し、2回には石井選手の1号ソロで追加点をあげました。
先発の上沢投手は7回1失点で、今シーズン初勝利です。

楽天は、8年ぶりに日本球界に復帰した田中将大投手が今シーズン初登板しましたが、5回3失点で負け投手になりました。

セ・リーグ

〈中日 対 広島〉
中日が5対0で勝ちました。

中日は4回、福留選手のタイムリーツーベースで先制し、7回には根尾選手が2点タイムリー、8回にも2点を加えました。
先発の柳投手は8回を無失点、自己最多の14個の三振を奪って今シーズン初勝利です。
中日は連敗を4で止めました。

広島は序盤のチャンスを逃し、今シーズン4回目の完封負けを喫しました。

〈DeNA 対 巨人〉
巨人が7対2で勝ちました。

巨人は1対1の6回、ツーアウト満塁から上茶谷投手のワイルドピッチで2点を勝ち越したあと、香月選手の2号スリーランと吉川選手の1号ソロで追加点をあげ、この回、一挙6点を奪いました。
先発の戸郷投手は6回1失点で2勝目。
巨人は6連勝です。

DeNAは、先発した上茶谷投手が6回7失点と崩れ、8連敗を喫しました。

〈阪神 対 ヤクルト〉
雨のため中止。