サッカーJ1 第10節 5試合の結果 鹿島は相馬新監督の初戦で勝利

サッカーJ1は第10節の5試合が行われ、鹿島アントラーズは徳島ヴォルティスに勝って相馬直樹新監督の初戦を白星で飾りました。

▽監督交代により相馬新監督が就任したアントラーズは、ダニエル・ポヤトス監督が初めて指揮をとったヴォルティスに1対0で勝ちました。

▽アビスパ福岡対FC東京はアビスパが1対0で勝ち、6試合ぶりの白星です。

▽大分トリニータ対柏レイソルはレイソルが江坂任選手の今シーズン初ゴールで1対0で勝ち、初の連勝です。トリニータは4試合連続の無得点で、6連敗となりました。

▽ともに今シーズンまだ勝ちがない横浜FCとベガルタ仙台の対戦は、ベガルタが終盤に2点を奪って追いつき、2対2で引き分けました。

▽湘南ベルマーレ対ヴィッセル神戸は、0対0で引き分けました。