全日空 国際線機内食 植物原料の容器に 脱プラスチック広がる

全日空は国際線の機内食で多く使用しているプラスチック製の容器を、植物を原料にした新しい容器に切り替えることになり、幅広い業種で脱プラスチックの動きが広がっています。

全日空は国際線のエコノミークラスの機内食で使っているプラスチック製の容器を、ことし8月から、砂糖をつくる過程で廃棄されていたサトウキビの茎や葉などを原料とする容器に切り替えます。

機内食の容器は機内から出るプラスチックごみのおよそ3割を占めているということで、今回の取り組みでプラスチックごみを年間300トン余り削減できるということです。

全日空商品企画部の西村健マネージャーは、「プラスチック製品の利用が多く、対応にも時間がかかる機内食から着手したが、スピード感を持ってさらに見直しを進める」と話しています。

航空業界では日本航空も、飲み物を提供する際に手渡すストローやマドラーを紙製や木製に切り替えているほか、ほかの業界でも大手コンビニが弁当の容器をプラスチック製から紙製に切り替えるなど、企業の間でも脱プラスチックの動きが広がっています。