ルネサス 火災で停止の主力工場 17日にも生産再開へ

大手半導体メーカー、ルネサスエレクトロニクスは火災のため停止している茨城県の主力工場での自動車向け半導体などの生産を17日にも再開する方向で調整を進めていることがわかりました。

ルネサスエレクトロニクスは茨城県の那珂工場で3月19日、製造装置などが焼ける火災があり、自動車向け半導体などの生産を一部、停止しています。

世界的に自動車向けの半導体が不足する中、会社は火災の発生から1か月となる今月19日までに生産を再開することを目指して復旧を急いでいましたが、関係者によりますと、17日にも生産を再開する方向で調整に入りました。

ただし、一部の製造装置の整備などにしばらく時間がかかることなどから、出荷量が元の水準に戻るには数か月かかる見通しです。

ルネサスでは来週19日の午後に柴田英利社長が会見して今後の生産や出荷の見通しなどについて説明することにしています。