福島第一原発 処理水放出 韓国 国際海洋法裁判所への提訴議論

日本政府が、東京電力福島第一原子力発電所の放射性物質を含む処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたことを受け、韓国政府は16日、関係省庁の会議を開き、国際海洋法裁判所への提訴について意見を交わしました。

韓国政府の発表によりますと、外務省や海洋水産省、原子力安全委員会などが参加したこの会議では、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の指示を受けて、水資源などをめぐる国どうしの紛争を扱う国際海洋法裁判所への提訴について意見を交わしたということです。

また、IAEA=国際原子力機関が日本への派遣を検討している国際的な調査団への参加についても議題となったということです。

韓国では、日本政府の決定を防げなかったなどとして、保守系の野党やメディアからムン政権の対応への批判も出ていて、ク・ユンチョル(具潤哲)国務調整室長は「韓国国民の生命と安全を守るためにとることができるすべての措置を検討する」と述べて、政府を挙げて取り組む姿勢を改めてアピールしました。