組織委 橋本会長 東京五輪・パラ「キャンセルは考えてない」

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本会長は、16日の定例記者会見で、東京大会の中止の可能性について「キャンセルは考えていない」と改めて否定し、感染対策を最優先に準備を進めていく考えを強調しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自民党の二階幹事長は15日、感染状況がより深刻になった場合には東京大会を中止することも選択肢として考えざるをえないという認識を示し、その後、釈明しました。

こうした中、組織委員会の橋本会長は、16日の会見で報道陣から大会中止の可能性について問われると「さまざまなご心配をいただいているが、組織委員会としては大会のキャンセルは考えていない」と改めて中止の可能性を否定しました。

そのうえで「いかにコロナ対策を講じて開催できるのかに集中し、努力を積み重ねていくことが大事だと思っている」と述べ、感染対策を最優先に準備を進めていく考えを強調しました。

一方で、時期がずれ込む可能性も指摘されている、観客数の上限の判断については「今月中に方向性は決めたいと考えている。ただ、最終的な判断の時期は感染状況を見ながら柔軟な対応が必要だ」として判断の時期の変更に含みを残しました。