赤ちゃんパンダに新しい遊具をプレゼント 和歌山 白浜町

和歌山県白浜町のテーマパークで去年生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんに、新しい遊具がプレゼントされました。

白浜町のテーマパークアドベンチャーワールドで去年11月に生まれたメスのジャイアントパンダの「楓浜」は、生まれたときに157グラムだった体重が8キロほどまで増え、すくすくと成長しています。

パンダは生後5か月ごろから木登りを始めるということで、15日は楓浜に遊びながら木登りに必要な筋肉を鍛えることができる遊具がプレゼントされました。
遊具は高さ20センチから40センチの数本の丸太が立てられたもので、楓浜は丸太につかまってはゆっくりとした動きでよじ登ったり転げ落ちたりして遊んでいました。

大阪から家族で来た2歳の女の子は「かわいかった。(丸太から落ちて)ころんころんしてた」と話していました。