台湾総統 米非公式代表団と会談 “台湾海峡の平和”強調に謝意

台湾の蔡英文総統は、アメリカのバイデン大統領の意向を受けた非公式の代表団と会談し、中国軍が台湾周辺での活動を活発化させているのに対し、バイデン政権が台湾海峡の平和と安定の重要性を繰り返し強調していることに感謝の意を表しました。

蔡総統は15日午前、アメリカの民主党の元上院議員ドッド氏、共和党のブッシュ政権で国務副長官を務めたアーミテージ氏、民主党のオバマ政権で国務副長官を務めたスタインバーグ氏ら、バイデン大統領の意向を受けた非公式の代表団と台北の総統府で会談しました。

冒頭、蔡総統は「バイデン政権発足以来、初めての訪問団であり、台湾とアメリカの関係が深まり続けていることを示している」と歓迎しました。

そして、中国軍が台湾周辺での活動を活発化させているのに対し、「バイデン政権が台湾海峡の平和と安定の重要性を繰り返し強調していることに感謝する。台湾はアメリカを含めた理念を同じくする国々とともに、インド太平洋地域の平和と安定を守っていきたい」と述べました。

これに対しドッド氏は「台湾が国際社会における活動の場を広げるのをバイデン政権が助け、みずからの防衛に積極的に力を入れることを支持すると確信している」と述べました。

バイデン政権は、台湾との当局者どうしの交流を促進するための新たな指針を設けるなど、台湾との関係を深めています。

中国「誤ったメッセージ送らないよう求める」

アメリカのバイデン大統領の意向を受けた非公式の代表団が台湾の蔡英文総統と会談したことについて、中国外務省の趙立堅報道官は15日の記者会見で「アメリカは台湾問題が非常に敏感な問題であることをはっきりと認識すべきだ。台湾海峡の平和と安定や、両国の協力関係を損なわないためにも、言動を慎み、台湾独立勢力に誤ったメッセージを送らないよう求める」と述べ、反発しました。