ワクチン接種 当日キャンセル “柔軟な対応”呼びかけ 厚労省

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、厚生労働省は当日のキャンセルなどで廃棄されるケースが各地で出ていることを受けて、自治体などに対し、予約の受け付けでは複数の希望日を聞くほか、キャンセルが出た際は別の人に接種を呼びかけるなど、柔軟な対応を呼びかけています。

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐっては、高齢者への優先接種が始まった今月12日以降、東京 八王子市や京都市など各地の自治体で、当日のキャンセルなどで使われなかったワクチンが廃棄されるケースが出ています。

厚生労働省は、ワクチン接種のキャンセルが生じた場合に備え対応方針を示していて、高齢者施設の入所者への接種では、近隣の関連施設を含め、入所者や従事者に可能なかぎり、むだなく接種するよう求めています。

また、集団接種の会場などでも、市町村のコールセンターや医療機関で予約を受け付ける際には、あらかじめ希望する日を複数聞き、キャンセルが出たタイミングで接種券を持っている別の人に接種を呼びかけることなどを求めています。

厚生労働省は「予約していない人にワクチンを接種してはいけないというルールはない。貴重なワクチンなので、自治体は柔軟に対応してほしい」と呼びかけています。