愛知県 大村知事「まん延防止措置」 名古屋市中心に要請検討へ

愛知県の大村知事は新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用の要請に向けて、対象地域を感染が拡大している名古屋市を中心に検討する考えを示しました。

愛知県の大村知事は記者会見で「まん延防止等重点措置」の適用の要請に向けて、13日に政府に対し対象地域や期間など具体的に協議を始める方針を伝えたことを明らかにしました。

そのうえで大村知事は「名古屋市は感染者が拡大していて中心的な繁華街がある大都市区域なので対象にするのは普通ではないか。名古屋市以外を対象に加えるかどうかは状況を見て判断していきたい」と述べ、対象地域を名古屋市を中心に検討する考えを示しました。

また大村知事は「県内の医療状況がひっ迫している訳ではないが新規陽性者数が上昇するカーブが非常にきついので今後、入院患者が増えるのを危惧する声が医療現場から寄せられている。まん延防止等重点措置をとることで大型連休を挟んで一気に抑え込んでいきたい」と述べ、感染防止対策のさらなる徹底を呼びかけました。