処理水の放出方針 野上農相 風評被害対策に取り組む考え強調

政府が東京電力福島第一原子力発電所で増え続ける処理水を、国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたことについて、野上農林水産大臣は14日の衆議院の農林水産委員会で、水産業などの風評被害対策に取り組む考えを改めて強調しました。

この中で野上大臣は「復興に懸命に取り組んでいる農林水産関係者には大変なご労苦とご心配をおかけしていて、海洋放出によって風評被害が生じることを懸念する気持ちは当然だ。国民の皆様の懸念が払拭(ふっしょく)できるように農林水産省としても対処していく」と述べました。

そのうえで「漁獲量の回復に向けた支援や施設の整備の支援のほか、放射性物質の検査や販売の支援などを引き続き行わなければいけない。さらに追加的な対策も関係者の意見を聞きながら検討していかねばならない。風評被害対策を政府全体で実現できるよう対応していきたい」と述べました。