福島宮城地震「会見の画像改ざん 許されない」官房長官

加藤官房長官は、ことし2月に福島県と宮城県で震度6強を観測した地震の際に行った、みずからの記者会見の画像が改ざんされ、ツイッターに投稿されていたとして、ツイッター社に適切な対応を依頼し、投稿が削除されたことを明らかにしました。

加藤官房長官は午前の記者会見で、ことし2月に福島県と宮城県で震度6強を観測した地震の際に行った、みずからの記者会見の画像が改ざんされ、ツイッターに投稿されていたことを確認したと説明しました。

そのうえで「画像を改ざんし、あたかも実際の会見のもようであるかのようにして拡散する行為は、国民に混乱と誤解を与えかねない。被災地域の皆さんに、大変不快な思いをさせているもので、許されず、看過できない」と述べ、政府として、ツイッター社に適切な対応を依頼し、投稿が削除されたことを明らかにしました。

そして加藤官房長官は「国民の皆さんが安易に偽情報を拡散しないことも重要だ。情報の発信源を確かめ、拡散する前にいったん立ち止まって冷静に判断することなど、政府としても、偽情報に惑わされないための啓発を行っていきたい」と述べました。